やらないより遅いほうがましですので

アクセスカウンタ

zoom RSS 公務員の旧友に、会う

<<   作成日時 : 2005/12/19 01:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 久しぶりに、高校時代の友人に会った。雪ふりしむ福井から、大阪に出張だということで。路面電車も旧国鉄も止まりまくりの雪のなか、ご苦労様でございます。
 国土交通省にお勤めの、第2種国家公務員さんなのでございます。

 晩ご飯に行く前に、某有名家電量販店でパソコンを物色。二人とも同じくらいの時期にそれぞれパソコンを購入したのだが、年月を経たウインドウズ98は瀕死(この役立たず!)。次はノート型がいいな〜というところも一致。お互い、今使っているメーカのだけはもう買わん!と心に決めているので、N○CさんとSO※Yさんは対象外に…。(んなこと、N○C系列プロバイダで語ってしもうた。)

 さて、夕食は、梅田の自家製豆腐と地鶏料理の和食屋。1人あたり豆腐消費量日本一(今もかな?)の元鳥取県民2人は、天然塩で食す豆腐に満足でございました。
 そして、油断した会話ができる心地よさ。
 旧友っていいなぁ。彼女と話をするときはあまり仕事の話にならないところが、よい。で、仕事の話になると、またこれが意外な話が色々聞けて面白い。

 国家公務員。国土交通省勤務8年目。となると、さぞかし豪華な官舎(立地条件最高)なんかを安い家賃で借りて、その上世間のサラリーマンよりいい給料もらってるもんだから、人より早くマンションなんかも買えちゃうんじゃないかい。
 例えば、脱サラして公務員。安定した高給で、老後も関係会社に天下って、してるんだかしてないんだか分からない仕事っぷりで退職金を2、3回頂戴して、悠々自適…

 …とか思って何でもいいから適当に公務員目指すのは危険だ。

 彼女の話では、古い官舎の家賃は安いものの、立地条件は不便な郊外で雪の日は通勤1時間。裏に山、近所に化学工場、アスベストが使用されている可能性があり現在調査中。
 中央の研究所から現場への異動で、給料下がったとのことで、ボーナスなんか私のほうがよっぽどよかったぐらいで(まぁ、今回うちの会社は過去最高の定率だったのもあるけど)。
 そんな異動を自分で希望しちゃったらしい。
「地方公務員の人達の方がよっぽど給料いいかもな…。」
 ちゅうことだ、そうな。脱サラ公務員。目論んでいる人は要注意。

 でもね、お金はさがってもやりたいと思う仕事に挑む。そんな公務員がおるって、いいやん。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
公務員の旧友に、会う やらないより遅いほうがましですので/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる